FXのRSI

FXのデメリットをチェック

 

FXにはトレンド系指標と、オシレーター系指標があります。RSIはオシレーター系指標に分類されます。

投資の判断をする時に、トレンド系指標だけでは、相場が反転するポイントを見つける事が難しい為、オシレーター系指標のRSIを使う場合があります。

RSIは、0~100%で表され、0%に近い程【売られすぎ】の状況を、100%に近いほど【買われすぎ】の状況を表します。

買いのサインとしては、20~30%下回った時、売りのサインは、70~80%を上回った時と一般的にされています。

 

RSIの注意点
レバレッジで大損

 

RSIの注意点としては、上昇トレンドが続いたりしている時などに買われすぎサインが出続けたり、うまくポイントを判断できない場合があります。

なので投資判断をする時、RSI(オシレーター系指標)だけではなくろうそく足や移動平均線(トレンド系指標)と組み合わせて使う事で精度が上がりますので組み合わせて使う事をオススメします。

 

 

 

 

GMOクリック証券

GMOクリック証券

GMOクリック証券は取引高が世界第1位でもっとも安定した会社です。

 

 

特に全通貨最安水準のスプレッドを提供するFX会社で、デイトレードを目的としたFX運用に最適です。

24時間電話サポートがあり、使いやすいシステムなので、オリコンランキングでも常に高い順位です。

短期売買に最も適したFX会社で、低コストでFXをしたい方は持っておくべき口座です。

 

外為オンライン

外為オンライン

外為オンラインは5年連続で年間取引高1位の超人気会社です。

元システム会社という強みを活かし、ツールの性能と使い勝手が業界トップレベルです。

初心者でも簡単に使いこなせるシンプルさと上級者が求める機能をバランスよく搭載しています。

また、取引スペックも優れていて、低コストで常に有利な条件で取引できる事も人気の高い理由です。

特にスワップポイント(貰える金利差調整分)が高く、長期売買に適しています。

FX初心者に特にお勧めのFX会社です。
*5千円のキャッシュバックは、非常に簡単な条件で貰えるので必ず貰うことをお勧め致します。

 

マネックスFX

マネックスFX

マネックスFXは東証一部上場グループであるマネックス証券が運営しています。

創業18年の実績もあり、安心・安全な取引が可能です。

株の取引で培った技術力を活かし、初心者でも使いやすいシステム、資産管理ツールや各種セミナー、取引サポートが充実しています。

通常の最低取引量の1/10の1000通貨で取引ができ、約4千円からFXをできるのも初心者には嬉しい部分です。

また、ドル/円0.2の低スプレッドで取引できるのも人気の高い理由です。

スワップポイント(貰える金利差調整分)も業界最高水準で、長期売買に適しています。

FX初心者からプロトレーダーまで全ての方にお勧めのFX会社です。