FXのMACD

FXのデメリットをチェック

FXで投資判断に役立つ指標として、MACD(Moving Average Convergence Divergence)はあります。

テクニカル分析には大きく分けて二種類あるのですが、MACDはトレンド系とオシレーター系の2つの性質を持っています。

MACDは、「12日と26日の指数平滑移動平均線の差」を線で表したものです。

通常12日と26日を使いますが、変更もできます。

それともう一つMACD線の9日間の平均線として「シグナル」があります。

MACDの売買ポイントは、中央の0ラインを基準にして上をプラス、下をマイナスとして表示します。

「MACD」、「シグナル」、「0ライン」のうち2つの線が交わった箇所をその交差位置によって、「買い」、「売り」、いずれかの売買ポイントとして判断します。

 

沢山ある指標をどう使いこなしたらいいのか?
レバレッジで大損

MACDは理解するまで多少難しく感じるかもしれません。

使えるようになって悪い事はもちろんないのですが、無理に使う必要はまったくありません。

FXでは色んな指標があります。ですので、自分がわかる物、使いやすい物だけ利用すれば問題ないと思います。

逆に色んな指標に手を出し過ぎて深く理解できないよりも、自分が使いやすい指標を深く理解する事の方が武器になると私は考えております。

口座開設費、維持費などは一切かからないので、まずは口座を開設して、色んな指標を見てみるのがいいと思います。

 

 

GMOクリック証券

GMOクリック証券

GMOクリック証券は取引高が世界第1位でもっとも安定した会社です。

 

 

特に全通貨最安水準のスプレッドを提供するFX会社で、デイトレードを目的としたFX運用に最適です。

24時間電話サポートがあり、使いやすいシステムなので、オリコンランキングでも常に高い順位です。

短期売買に最も適したFX会社で、低コストでFXをしたい方は持っておくべき口座です。

 

外為オンライン

外為オンライン

外為オンラインは5年連続で年間取引高1位の超人気会社です。

元システム会社という強みを活かし、ツールの性能と使い勝手が業界トップレベルです。

初心者でも簡単に使いこなせるシンプルさと上級者が求める機能をバランスよく搭載しています。

また、取引スペックも優れていて、低コストで常に有利な条件で取引できる事も人気の高い理由です。

特にスワップポイント(貰える金利差調整分)が高く、長期売買に適しています。

FX初心者に特にお勧めのFX会社です。
*5千円のキャッシュバックは、非常に簡単な条件で貰えるので必ず貰うことをお勧め致します。

 

マネックスFX

マネックスFX

マネックスFXは東証一部上場グループであるマネックス証券が運営しています。

創業18年の実績もあり、安心・安全な取引が可能です。

株の取引で培った技術力を活かし、初心者でも使いやすいシステム、資産管理ツールや各種セミナー、取引サポートが充実しています。

通常の最低取引量の1/10の1000通貨で取引ができ、約4千円からFXをできるのも初心者には嬉しい部分です。

また、ドル/円0.2の低スプレッドで取引できるのも人気の高い理由です。

スワップポイント(貰える金利差調整分)も業界最高水準で、長期売買に適しています。

FX初心者からプロトレーダーまで全ての方にお勧めのFX会社です。