FXには税金はあるのか??

FXの税金は大幅に安くなった!

気になるFXの税金について紹介していきましょう。
ずばりFXには税金があり、雑所得として税金が掛かります。
雑書得とは、給与、事業、不動産などのどれもにも当てはまらない所得の事を言います。

FXの税金は、現在申告分課税となり税率が一律20%になりました。
それによって2011年までは給与とFXの利益を合算して税金を収めてましたが、今はそれぞれ別々に計算する事になり、簡単に申告出来る様になり税金も安くなりました

ではこれから気になる税金の対象者について説明しましょう。

 

税金の対象者は?
税金一律20%

 

FXでの課税対象者はこちらです。
FXで年間38万以上の利益がある人
給与所得がありFXで20万以上の利益がある方

普通所得税は累進課税になっていて、稼げば最大40%も税金を取られてしまいますが、FXなら一律で20.315%しか税金が取られません

では損失が出た場合どうなるのか?を説明しましょう。

 

 

損失の繰越
損失は3年間繰り越せる!

 

これまで個人投資家で店頭FXでのみFXをやってきた人は、利益が出ても課税、損失が出ても救済なしの立場にありました。

ですが2012年からの現在は店頭FX所得や取引所FX所得で発生した損失は、最大3年間繰り越す事ができます
注意として、繰越を受ける為にはその年に損失も確定申告する必要があります。
しかしそれでその後3年間は、その損失以上に利益が出なければ、プラスであっても税金は一切掛からないのです。
そして次に嬉しい情報になるのはコチラです。

 

損益通算

 

最近はFXを取引きスタイルによって変える為に、複数の口座で取引きしている人が増えています。

損益通算とは、一方の口座で利益が出てもう一方で損失が出た場合、その損失を利益から引く事が出来るシステムです。
つまりその合計から納税額を計算する事になります

通算できる所得は決まっていて、店頭FX、取引所FXなどです。因みに株や給与所得など他の所得についてはできません。

この方法があるので、口座は複数持つ方が良いと言えるでしょう。口座開設は無料なので、解説して損することはないと思います。

 

 

GMOクリック証券

GMOクリック証券

GMOクリック証券は取引高が世界第1位でもっとも安定した会社です。

 

 

特に全通貨最安水準のスプレッドを提供するFX会社で、デイトレードを目的としたFX運用に最適です。

24時間電話サポートがあり、使いやすいシステムなので、オリコンランキングでも常に高い順位です。

短期売買に最も適したFX会社で、低コストでFXをしたい方は持っておくべき口座です。

 

外為オンライン

外為オンライン

外為オンラインは5年連続で年間取引高1位の超人気会社です。

元システム会社という強みを活かし、ツールの性能と使い勝手が業界トップレベルです。

初心者でも簡単に使いこなせるシンプルさと上級者が求める機能をバランスよく搭載しています。

また、取引スペックも優れていて、低コストで常に有利な条件で取引できる事も人気の高い理由です。

特にスワップポイント(貰える金利差調整分)が高く、長期売買に適しています。

FX初心者に特にお勧めのFX会社です。
*5千円のキャッシュバックは、非常に簡単な条件で貰えるので必ず貰うことをお勧め致します。

 

マネックスFX

マネックスFX

マネックスFXは東証一部上場グループであるマネックス証券が運営しています。

創業18年の実績もあり、安心・安全な取引が可能です。

株の取引で培った技術力を活かし、初心者でも使いやすいシステム、資産管理ツールや各種セミナー、取引サポートが充実しています。

通常の最低取引量の1/10の1000通貨で取引ができ、約4千円からFXをできるのも初心者には嬉しい部分です。

また、ドル/円0.2の低スプレッドで取引できるのも人気の高い理由です。

スワップポイント(貰える金利差調整分)も業界最高水準で、長期売買に適しています。

FX初心者からプロトレーダーまで全ての方にお勧めのFX会社です。