FXの損切りと利食い

FXのデメリットをチェック

 

 

FXにおける損切り、利食いというのは聞き覚え有りますか?

両方共FXで勝つ稼ぐ為に必須になるスキルです。

取引経験を積めば積むほど、損切りと利食いのタイミングの大切さに気がつかされます。

以下の項目で損切りと利食いについて説明していきます。

 

 

 

損切りとは?
レバレッジで大損

その名の通り損を確定させる行為です。

よく初心者の方が勘違いしてる方が多いのですが、損切りはいけない行為、下手な行為だと勘違いしてる方がいますがそれは違います。

損切りをしないで済まそうという発想は、含み損の増加を通じて投資家を窮地に追い込む結果となります。

相場は生きています。いつも思い通りの方向に動く事は絶対にありません。反対の方向に動いた時勇気を出していかに早く損切りができるかが物凄く重要です。

反対に動いたら素早く損切りをして、思い通りに動いた時はできるだけ引っ張って大きな利益を得る。損小利大をいつも意識しましょう。

 

利食いとは?
夜中にも為替レートが変動

利益が出るときに売却する等利益を確定させることです。

利食いのポイントは、損切りとは真逆でできる限り引っ張ります。

ただこれは利益の金額ベースで引っ張るという事ではなく、チャートなどでトレンドが崩れない限りや、抵抗線を割らない限り等、自分なりのルール作りが必要になってきます。

経験を積む事で自分なりの引っ張り方のルールができてきますので、色々考えてみましょう。

個人的にはチャートにトレンドラインを引いたりして判断するのがオススメです。

 

 

GMOクリック証券

GMOクリック証券

GMOクリック証券は取引高が世界第1位でもっとも安定した会社です。

 

 

特に全通貨最安水準のスプレッドを提供するFX会社で、デイトレードを目的としたFX運用に最適です。

24時間電話サポートがあり、使いやすいシステムなので、オリコンランキングでも常に高い順位です。

短期売買に最も適したFX会社で、低コストでFXをしたい方は持っておくべき口座です。

 

外為オンライン

外為オンライン

外為オンラインは5年連続で年間取引高1位の超人気会社です。

元システム会社という強みを活かし、ツールの性能と使い勝手が業界トップレベルです。

初心者でも簡単に使いこなせるシンプルさと上級者が求める機能をバランスよく搭載しています。

また、取引スペックも優れていて、低コストで常に有利な条件で取引できる事も人気の高い理由です。

特にスワップポイント(貰える金利差調整分)が高く、長期売買に適しています。

FX初心者に特にお勧めのFX会社です。
*5千円のキャッシュバックは、非常に簡単な条件で貰えるので必ず貰うことをお勧め致します。

 

マネックスFX

マネックスFX

マネックスFXは東証一部上場グループであるマネックス証券が運営しています。

創業18年の実績もあり、安心・安全な取引が可能です。

株の取引で培った技術力を活かし、初心者でも使いやすいシステム、資産管理ツールや各種セミナー、取引サポートが充実しています。

通常の最低取引量の1/10の1000通貨で取引ができ、約4千円からFXをできるのも初心者には嬉しい部分です。

また、ドル/円0.2の低スプレッドで取引できるのも人気の高い理由です。

スワップポイント(貰える金利差調整分)も業界最高水準で、長期売買に適しています。

FX初心者からプロトレーダーまで全ての方にお勧めのFX会社です。